DSP Job Interview

04

N.Imamura

- 2017年入社

- 人事部 課長

2017年中途入社。未経験から一人で人事部を立ち上げ、新卒採用スキームを構築。
創立15周年記念パーティーでは、2019年度MVP賞を受賞した。

経験ゼロ
新卒採用者ゼロから、
人事部の立ち上げを担う

仕事内容

立ち上げ当初、
山のようなタスクも
楽しくて仕方なかった

人事部の課長として、新卒・中途・広報・人材開発の4部門を統括しています。しかし、私はDSPに入社するまで営業として働いており、人事の経験は一切ありませんでした。前職で人事担当者の活躍を見てこの仕事に憧れるようになり、まずは内勤スキルを高めるため、営業事務の求人が出ていたDSPに応募したことが入社のきっかけです。面接でそのことを話したところ「うちで人事に挑戦してみる?」と、まさかのチャンスをいただいたものの、実はそれまで当社には人事部がなかったんです(笑)。未経験からの人事部立ち上げというハードルの高さに驚きましたが、面接で私の内面に目を向け期待してくれたのがうれしく、迷わず飛び込みましたね。私が入社するまでは、役員が人事業務を兼任していたため、工数の多い新卒採用に対応できない状態でした。そのため、すぐに新卒採用スキームの構築に取り掛かることに。0からのスタートだったので、媒体出稿のライティングから説明会の準備、内定者イベントや入社後の研修内容まで、やらなければならないことは山のようにありました。しかし未経験だったので、この状態が大変なのかどうかも分からず、ずっとやりたかったことができることが楽しくて仕方なかったんです。知識が足りない面は外部研修に参加したり、交流会で他社の人事担当者から情報収集するほか、専門書を読み漁って独自で勉強していきました。部署立ち上げという貴重な経験をさせてくれた会社には、本当に感謝しています。

代表の言葉で、利己的だった
自分の性格が180度変わった

当社の強みの一つに教育制度が挙げられます。やはり、まっさらな新卒者にとって、最初に身を置く環境によってビジネススキルに大きな差が出るため、どの競合他社よりも研修制度の構築に注力しました。クライアント先に出向する社員が多いですが、やはりビジネスマナーを徹底することで、どこに配属になっても堂々と自信を持って働けます。それがクライアントと社員、双方にとって重要なことだと考えています。また、新たに次世代の幹部候補を育成する研修組織「NEXT」を立ち上げました。これは、各事業部から入社3年目までの選抜社員を集め、代表から直々に教育を受けられる制度です。当社は社員の挑戦を後押しする組織風土があるため、スキルと同時に人格も磨かれます。何より代表が社員一人ひとりと向き合ってくれるため、その謙虚さや利他的な姿勢を学べるのが大きいですね。私自身、入社前は営業として働いていたこともあり、結果重視な考え方が強く、利己的な人間でした。しかし2年目になり人事部で部下ができたとき、ワンマンな行動を改め、みんなの意見を取り入れられるようになりました。ここまで変われたのは、代表が人と向き合うことの大切さを真剣に説いてくれたからです。自分の意見を貫くことで部下の成長機会を奪っているということに気付いてからは、部下のアイデアも積極的に吸い上げ、うまく融合できないかを考えるようになりました。結果、視野が広くなり、一人で担当していた頃以上の制度設計やイベント内容の充実が図れています。

仕事選びを人生の目的を
叶える手段にしてほしい

人事部立ち上げから3年で、新卒採用だけでも30名・120名・250名という規模で拡大させることができました。社員数が増えても、心のつながりは変わらず大切にしたいですね。出向した社員と職場が離れる分、交流機会を絶やさないよう積極的に社内イベントを企画するほか、出向先に赴き1対1で話したり、電話やアプリでコミュニケーションを図ったり、休日に遊びに行くこともありますよ。社員たちから「DSPに入ってよかった」という声を聴けるのが、この仕事のやりがいの一つですね。やはり、人生で1枚しかない「新卒」のカードを切ってくれた社員たちを幸せにしたいですから。今後は、さらに当社の強みを先鋭化させ、みんなが自慢したくなるような会社を目指してブランディングしていきたいと考えています。
また、代表が「世界一の総合人材会社」を目標に掲げ、上場を見据えていることもあり、これからはIPOの広報戦略も必要になってきます。企業規模を拡大し、社員にも多くの利益を還元できるような制度構築をしていくことが私の役割です。
壮大なビジョンを描く当社に入り、何を成し遂げ、どんな人生を歩みたいのか――当社へのエントリーを検討してくれている学生の皆さんには、ぜひ自らの人生観を追究した上で会社選びをしてもらいたいと思います。人生において、仕事は多くのウェイトを占めますが、すべてではありません。人生の目的を叶えるための手段として当社への入社を決めてくれた方には、私たちが寄り添い、全力でサポートしていきます。

Other Interview

他の社員インタビュー

F.Yokoyama

- 人事部 広報課 主任

T.Sugimoto

- NB事業部/人材派遣事業部 課長

S.Tanaka

- HRソリューション事業部
 事業部メディアチーム 主任

Entry

エントリー