DSP Job Interview

03

S.Kono

- 2021年入社

- HRソリューション事業部
 メディアチーム 

新卒ながら入社からノンストップで目標値達成。
選抜により大手会社のコンサルタント業務へ。
学生時代の経験も活かし、今尚成績を伸ばし続ける。

新卒期待のエース
お客様に寄り添うスマイルコンサルタント

仕事内容

目先の提案ではなく
未来の提案を

DSPとの出会いは2019年の12月。他社が運営する就職活動イベントに私が就活生として参加した時のことです。様々な会社の人事の方が登壇し、会社説明会を行ってくださるイベントで、DSPの人事の方もその中にいらっしゃいました。その時の印象は今でも色濃く、明るく元気にプレゼンを行っている姿を見た時、「何故こんなに楽しそうに働けるのだろう?」と興味を惹かれました。そこから選考に進み、人事の方はもちろん座談会で社員の方と交流をさせていただいたりとDSPで働く「人」のことを知っていくうちに「自分もここで自分らしく楽しく働いていきたい」と思うようになり、DSPへの入社を決意いたしました。

私は現在、クライアント企業様が運営するECサイトに出店しているお客様に対してコンサルティングを行っております。
お客様と綿密なコミュニケーションを図り、信頼関係を構築した上で、どこを改善すれば売り上げが上がるかなどをご提案するのが私の主な役割です。
全部で180店舗ほどのお客様を担当させていただいているのですが、お客様の中には経営者の方も多く、お客様ではありますが、学ばせていただくこともとても多いですね。
また学生時代の経験が役に立つことも多かったです。大学時代のゼミにて就職活動に関するイベントの企画運営を行っていたのですが、そこでは参加してほしい方に対して、このイベントに参加することによって「あなたにどのようなメリットが生まれるのか」を集客する際に必ず伝えておりました。
お取引先様が商材の売上を伸ばしていくには、私共と一緒に策を講じ、投資していただくことが必要になります。そのため、こちらで事前に商材の問題点を考え、導き出した解決策や改善によるメリットをお取引先に伝えるようにしています。そこで重要なのは、目先の利益だけではなく将来こうなるというイメージを膨らませて、ご提案できるかということです。売り上げが上がった先までを見せることのできる提案ができれば、きっとお客様にとっての良いビジネスパートナーになれると思います。
商材ごとの施策を考えるのは簡単ではありませんが、自分の提案が店舗様や自社の売上に繋がり、貢献できるこの仕事は本当にやりがいがありますね。

知りたいと思う探求心が
成長へ

仕事をする上で、私は「なぜだろう?」と疑問に持つことが大切だと考えています。分からないことをそのままにしてしまうと、間違った情報を相手に伝えてしまうなど、迷惑をかけてしまうことがあります。そのため、作業を効率的に、正確に行うためにも、疑問点はしっかりと調べ、質問することが大切だと考えています。
社会人になって最初は言われたことをまずこなすことに必死になりがちですが、その作業を行うにしろ、なぜこれを行う必要があるのかの「目的」をしっかり自分の中に落とし込ませるようにしています。
よく、「自分で調べれることは自分で調べる」と言いますが、確かに行う作業全てを聞いていては自分の成長に繋がりません。
大切なのは目的を質問し、その目的に対してどうアプローチしていくかをある程度自分で調べて考えることです。そして自分の考えを持った上で先輩の意見や手段を参考にしたい場合は質問すればいいと思います。
そして、誰かに質問をする際には「結論から話す」ことを心掛けています。先輩方も私のために時間を作ってくださっているわけですから、本当に分からないことだけを質問し、結論から話すことで時間を短縮するようにしています。初めはなかなか先輩に対して質問ができませんでしたし、分からないことがすべて聞けるわけでもありませんでしたが、「質問するぞ!」と気合を入れて声をかけていましたね。嫌がられてしまうかなと不安に思ってしまう事もあるかもしれませんが、自分が質問することによって少しでも早く仕事ができるようになるのならその方が迷惑もかけませんし、信頼関係を築いていくことで次第に慣れていきますので、疑問に思うことは気軽に質問していくのが良いと思います。私もですが、後輩からたくさん質問をしてほしいと思っている先輩も多いので、勇気をもって、一歩踏み出すことが大切だと思います。

信頼関係のための
コミュニケーション

今後の展望ですが、まずは今の現場でチームをまとめるような存在になりたいと考えています。
現在は自分の成績を上げることによって会社へ貢献したいと目標を立てておりますが、ゆくゆくは自分だけではなくチーム全体で成績を上げるためにどうすれば良いかを考え、
その為の目標設定やマネジメントを行っていきたいです。
そして最終的には自分で何か事業を立ち上げたいと考えています。0-1の業務は本当に大変で、自分の時間のほとんどを仕事に捧げる覚悟も必要だとは思いますが、やはり自分発信で何か成し遂げたいという想いが強いです。そしてそこでも部下ができたら、コミュニケーションを何よりも大切にし、お互いに信用信頼し合っている良い組織を創っていきたいと思います。

Other Interview

他の社員インタビュー

S.Tanaka

- HRソリューション事業部
 メディアチーム 主任

T.Sugimoto

- NB事業部 責任者

S.Saito

- -2020年入社
-HRソリューション事業部
 カスタマーチーム 管理 

Y.Ichinose

- 介護事業部  

Entry

エントリー