DSP Job Interview

03

T.Sugimoto

- 2020年入社

- NB事業部/人材派遣事業部 課長

前職ではトップ営業マンとして活躍するも、
企業都合の社員育成に疑問を感じ転職を決意。
大手企業からのスカウトを蹴り、DSPへ入社する。
現在、NB事業の責任者として新規事業の立ち上げを行う。

すべての社員が
個性を生かして活躍できる環境を

仕事内容

新たなビジネスチャンスを
創出するNB事業部

NB事業部は、新たなマーケット開拓を専門に行い、新事業部を生み出すことを目的とした部署です。総合人材企業として、固定化された事業だけでの経営ではリスクがあるので、常に新しいビジネスチャンスを模索する必要があるのですが、やはり新事業の開拓は日常業務と並行して行うのが難しいため、それを専門とする事業部を立ち上げようというのが背景です。企業の経営的な判断もありますが、それ以上に当社がこの事業部を立ち上げた理由には、社員たちがそれぞれの個性や強みを生かして輝ける場を用意したいという思いがあります。どんな営業会社にも、結果重視の傾向があるのですが、やはり人はそれぞれ成長するタイミングが違います。しかし、数か月から1年で結果が出なければ「営業に向いていない」とする企業の方針では、社員の潜在能力を開花させられない。そんなやり方を変えない限り、企業としての発展もないのではないかという考えがベースになっています。

「社員を大切にできないのなら、会社を潰す」
…代表の言葉で入社を決意

私自身、DSPの入社前は通信系の営業会社で働いており、すぐに結果が出ずに悩み、営業の道を断念してしまう若手社員を大勢見てきました。人は、少しのきっかけや環境で成長できるのに、企業の都合で将来が断たれてしまう……そんな現状に疑問を抱き転職を考えていたときに、当時の会社に出向していたDSP社員の一人に、代表と面談するよう声を掛けられたんです。そこで、役員や代表に前述したような背景と、苦しんでいる社員のステージを作るような仕事がしたいという話をしました。すると、DSPでは企業の方針を社員に押し付けるのではなく、一人ひとりのことを思って一緒に将来を考えるという社風があることが分かり、心に稲妻が走るような感覚を覚えたんです。代表も「社員を大切にできないのなら、会社を潰す覚悟がある」とまで言う方で、そんな人柄に惚れ、私もこの会社で社員たちが活躍できる環境づくりをしたいと即答しました。正直、内定をいただいていた他社の方が提示された給与額は高かったんですが、もうお金なんて関係ないと思いましたね。DSPのようなベンチャー企業だからこそできることも多いと考えました。

お客様企業のパートナーとして、
長期的な関係性を築く

NB事業部が立ち上がって数か月。新たに「インサイドチーム」が発足しました。アメリカでは主流なのですが、当社のサービスを単刀直入に売り込むという方法ではなく、お客様の企業のパートナーとして新たなお付き合いの種蒔きをする役割です。その企業のリサーチを行い、当社がベストなかたちで課題解決の力添えをすることが目的で、長期的なお付き合いを見据えてパートナーシップを結びます。新規開拓は会社の代表としてお客様企業に対峙するため、慎重さとクレバーさが求められますが、信頼を勝ち取った喜びは一入です。当事業部は少数精鋭なので、つらいことも楽しいこともすべて仲間と共有し、ともに結果を追求できる熱いチーム感がありますね。社員たちの成長に立ち合えて、私も今まで感じたことのなかった喜びを感じながら働けています。
私も今までのキャリアでさまざまな企業経営を見てきましたが、DSPの経営陣が社員を思う気持ちは本物だと断言できます。私自身さらに成長し、これからもっと多くの社員たちにフィットする環境を構築していきたいです。

Other Interview

他の社員インタビュー

S.Tanaka

- HRソリューション事業部
 事業部メディアチーム 主任

F.Yokoyama

- 人事部 広報課 主任

N.Imamura

- 人事部 課長

Entry

エントリー